iPhone7sのバックアップと復元

私たちの生活を便利に支えてくれるスマートフォンは数多くのデータを詰め込むこととなり、情報の宝庫であると言っても過言ではありません。
アドレス帳や写真データといった個人情報の管理をスマートフォンで行っている人は数多くいますし、家計簿データやライフログ、ドキュメントデータや音楽ファイルに電子書籍データなどあらゆるデータを専用アプリで便利に利用できるのがスマートフォンの強みだといえるでしょう。


しかし多くのデータが詰まったいるが故に端末が故障してデータを喪失してしまった場合のリスクには計り知れないものがあります。



iPhone7sを使っているのであればもしものときに備えたデータのバックアップを簡単に取ることができるので是非ともバックアップをとることをおすすめします。



アップルID を取得してiPhone7sを使っている人全てにiCloudというクラウドストレージが割り当てられるようになっています。


iPhone7s本体を設定し、iCloudにデータの自動バックアップを許可しておけば特に意識することなく自動的にオンラインストレージ上にiPhone7sのデータのバックアップが作成されるため万が一データが喪失してしまっても簡単に復元ができるのです。



これは機種変更をした場合のデータ移行にも活かすことができ、同じアップルIDでログインし、バックアップからデータの復元をするというボタンを押すだけで良いのです。ローカルデータにバックアップを作成したいという場合にはiTunesを通してパソコンのストレージに作成することも可能です。